働きたくないゆとりの雑記帳

日々思ったことを書いたり書かなかったり…

サイクリングに誘われて行ってみたけど全く面白くなかったので理由を考えてみる

スポンサーリンク

こんにちはNAO(@7010_log)です。


実は2017年冬頃から会社の上司にサイクリングに誘われてました。


私は引きこもりだしインドアだし紫外線浴びたくないので興味ないし行きたくなかったのですが、流れで拒否できず行くことになりました。


まぁ実際やってみないと評価も批判もできないし、これも人生経験だと思ってとりあえず参加してみたのですが、全くおもしろくありませんでした。


1回目がつまらなかった可能性もあるので2回目も参加したのですが、やっぱり楽しくない。


そこで、サイクリングを振り返ってみて思ったことを書いていきたいと思います。


f:id:webhack:20180216031034j:plain

走行距離が長すぎた

私が行ったサイクリングは2回とも70~80km程度とかなり距離があり、恐らく初心者が走る距離ではありませんでした。


体力には自信があるのでその時は疲れを感じませんでしたが、その後のいろいろな積み重ねも合って数日後にストレス性腸炎になりました。


膝へのダメージも結構あり、思っていたよりダメージが深刻で後悔しかありません。

拘束時間が長過ぎる

ただでさえ朝が苦手なのに8時半集合。


その後夕食を食べて帰れたのが夜10時。


休日を潰したうえ、半日以上自転車に時間をかけるなんて正気の沙汰ではないです。

ハンドサインが意味不明だしめんどい

走行中に自動車の運転手や後列の人に対してハンドサインを出すように言われたのですが、覚えるのダルいしやるのもめんどい。


安全のためなんだから当たり前だろ!って意見は分かりますよ。


ただ私は自転車を自動車と同じルールで走ることと、複数の自転車が縦に並んで走ることにそもそも反対なので、縦に並んで馬鹿みたいな速度で車道を走らなければハンドサインは要らないと思います。

初見殺しの道路がある

私は車の免許を持っていないので分かってない交通ルールや標識は多いです。


数十kmも走れば初見殺しの意味不明な道路も現れます。


お陰で危うく事故りかけてますし、テンションもだだ下がりです。

風景とか興味ない

サイクリングの醍醐味その1、風景。


ごめんなさい全く興味ないです。

観光とか興味ない

サイクリングの醍醐味その2、観光。


ごめんなさい全く興味ないです。


正確にいうと、興味のない観光ほどつまらないものはないです。

新しい発見とか興味ない

サイクリングの醍醐味その3、新しい発見。


ごめんなさい全く興味ないです。


こんなお店があるんだ~とか…うーんどうでもいいかな。

電車賃が浮くという頭の悪い考え

どこでも自転車で行けば電車賃はかからないといいますが、大きな勘違いをしています。


人間にとって一番重要なモノは時間です。


電車なら20分で行けるところを自転車で1時間以上かけて数百円ケチるのは頭が悪すぎます。


私なら電車賃を考える人生より気にならない人生を目指します。

どう考えても自動車の邪魔

自転車が車道を走ることが推奨されている昨今ですが、自動車の邪魔になっていて走るのも気が気じゃないです。


自転車用の道も最近は増えてきているみたいですが、まだまだ少ないし短いですよね。

自転車用の道が路駐されまくってる

せっかく作られた自転車用の道は車の路駐がとにかく多くてまともに真っ直ぐ走れません。


あれじゃ無いのと変わらないですよね。

求めている運動じゃない

サイクリングの特徴として少ない負担で無理なく長時間できるということですが、私が求めていたトレーニングとは違いました。


私は高強度インターバルトレーニングのように、全力で体を使うような運動が重要だと思っています。


正直、自転車乗るならエアロバイクでいいです。

ドライアイで目が死ぬ

目がとにかく痛い!


サイクリング用のサングラスを使いましたが、完全に風を防げるわけじゃないですしねぇ。


走ってるときは水中ゴーグルが欲しいと思いました。

紫外線をとにかく浴びたくない

私は日焼け止めを毎日塗るくらい紫外線を気にしています。


なのでサイクリングは相性が最悪です。

もっと仕事してほしい

誘ってきた上司、はっきりいって仕事が遅いしサボリ気味です。


サイクリング行く体力あるならもっと働いてくれませんか?

さいごに

もはや愚痴ですね。


しかもいろいろ敵を作ってしまいそうで怖い。


サイクリング好きな人には申し訳ないですが、これが正直な感想です。


逆に、魅力があるのなら是非教えて欲しいです。


まだ面白さに気付けていないだけかもしれないので。